コンタクトレンズを購入する際、選ぶ基準として潤い、装着感、コストなどがありますよね。
コンタクトレンズの種類もたくさんあるので、選ぶのも大変です。

コンタクトレンズメーカーによって、力を入れている部分が違うため、それぞれ特徴があります。
その特徴を比較し、よく知ると選びやすくなります。

ジョンソンアンドジョンソンは他のメーカーと比較すると薄型のレンズが多く、裏表を見分けられるガイドマークがあるのが特徴です。
装着感が良いと感じている人も多く、人気のあるメーカーの1つです。

エアオプティクス、フォーカスを取り扱うチバビジョンは含水率、酸素透過率に力を入れているので、眼の潤いを保ってくれる物が多いです。

メダリストシリーズでおなじみのボシュロムは独自の非球面デザインでぼやけが少なく、視界がとてもスッキリしているものが多く、かなり評価も高くなっています。

このようにメーカーによって特徴が違います。
すべてにおいて人気を得るメーカーはありませんので、自分の重視する部分によって個人の評価も変わってくるでしょう。
口コミがたくさん寄せられているサイトもありますが、1つの意見として取り入れるのが良いでしょう。

自分でメーカーを比較する場合は、含水率や酸素透過性を見ると装着感や乾燥度の参考になります。

価格の安さだけで購入するのは危険なのでオススメできません。

最近はドライアイの人も多いので、そういった眼の状態に合わせて比較して購入するのがいいですね。